fc2ブログ

絵本:A Tale for Easter

先日図書館で借りた一冊です。

A Tale For EasterA Tale For Easter
(2001/02/01)
Tasha Tudor

商品詳細を見る


アメリカの絵本作家Tasha Tudorの本です。
とても穏やかな水彩で描かれています。
娘には少し長いかなと思いましたが、日本語で説明しつつ読んだら、一応最後まで聞いてくれました。
動物が色々でてくるので、興味を持ってくれたのかもしれません。

何が起こるかわからないイースター。
そのイースターが近づきワクワクする子どもの気持ちが穏やかに描かれています。
主人公は女の子です。

イースターが近くなるとママに新しいドレスを着せてもらい
Good Fridayに、ホット・クロス・バンズを食べると、いよいよ明後日はイースター!

土曜日には、ニワトリに「たくさんのイースターエッグを産んでね」とお願いします。
一年間いい子にしていたら、イースターの前の晩には、とってもいい夢が見られるかも。
例えば、子鹿の背中に乗って森や野原を走り回り、ウサギやネズミ、ヒツジ、アヒルを眺めたり・・・

そして、日曜の朝、靴やお気に入りの帽子の中にきれいな卵が入っていたり、
テーブルのバスケットにはアヒルが、おばあちゃんのロッキングチェアにはうさぎちゃんがいるかもしれませんよ。

というのが、大まかな内容です。
絵を眺めればだいたいの意味はつかめると思いますが、見慣れない単語が多かったで、何度か辞書を引きました。

こんな単語がでてきますので、参考にしてくださいね☆

wee-ちっちゃな
fawn-子ジカ
thistledown-アザミの冠毛
sleek-なめらかな
beady-ビーズのような
whisker-(ねずみの)ひげ
buttercup-キンポウゲ
bonnet-ボンネット(昔は婦人帽の一種、今は小児、修道女の帽子)
porridge-ポリッジ(オートミールなどを水や牛乳で煮たかゆ、朝食によく食べる)

スポンサーサイト



theme : 英語de子育て
genre : 育児

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

みしぇえる

Author:みしぇえる
札幌・桑園にて親子英語サークル主宰
親子で笑える英語子育てを提唱中
札幌生まれ・札幌育ちの日本人
ニックネームはミシェル

英語・幼児教育・子育てに興味のある方!
子育てしながら英語を勉強中のママ!
ぜひ当ブログを覗いてみてくださいね☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード