fc2ブログ

絵本:’Silly Willy’(衣服)

近頃、だんだんと暖かくなってきて、春が近づいている感じですが、冬の間に読んであげたい本を一冊紹介しておきたいと思います。

先日、衣服がテーマの’Froggy gets dressed’を紹介しましたが、今日も衣服がテーマの絵本です。タイトルは、’Silly Willy’です。

Silly Willy (All Aboard Reading)Silly Willy (All Aboard Reading)
(1995/09/28)
Maryann Cocca-Leffler

商品詳細を見る


この本のストーリーは、個人的な好みで言うと、お勧め度「中」です。この本は、rebus book(とじ絵絵本)というタイプの本で、本文中の単語がところどころ絵になっていて、読み手が単語を当てはめて読むようになっています。ですので、文字が読めるようになってから読むのに適していると思いますが、お母さんが読んであげてもOKです。(個人的には、ちょっと読みづらいかな・・・。)家で読んでもいいですが、サークルなどで使うといいと思います。

 以前に0~3歳の子ども10人くらいの前で読みましたが、その時は読んだ後に、マグネットで着せ替えごっこをしました。この本は、男の子がふざけて手袋を足にはめたり、ズボンを頭にかぶったりするのを、ママが直してあげるというストーリーです。ストーリーに沿って、ホワイトボードの男の子の服をみんなで直してあげました。

これが・・・
willy1.jpg


こうなるはず・・・
willy2.jpg


なのですが、もちろんできあがりもおかしな服装になり笑えました。

 自宅では、わざわざマグネットで洋服を作ったりするのは面倒でしょうから、着せ替え人形などがあれば、それを使って遊ぶといいですよ。我が家はよくメルちゃんで遊んでいます。

 この本では、’My hat goes on my nose.’というような表現が繰り返しでてきますが、「…を着る」というには、’put on’や’wear’を使うのがいいと思います。人形の気持ちになって、’I’m cold! I want to put my hat on my head.’や’I want to wear a skirt.’などと言って、着せ替えしてあげるといいですね。衣服や体の部分の名前が覚えられますよ。

 もちろん夏に遊んでもいいのですが、厚着になる冬はたくさんのアイテムを覚えられますので、是非チャレンジしてみてください!

スポンサーサイト



theme : 英語de子育て
genre : 育児

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

みしぇえる

Author:みしぇえる
札幌・桑園にて親子英語サークル主宰
親子で笑える英語子育てを提唱中
札幌生まれ・札幌育ちの日本人
ニックネームはミシェル

英語・幼児教育・子育てに興味のある方!
子育てしながら英語を勉強中のママ!
ぜひ当ブログを覗いてみてくださいね☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード