fc2ブログ

外人アレルギーを治そう!

私は、昔からよく人に道を聞かれます。
どちらかと言えば方向オンチなので、聞かないで欲しいとよく思うのですが・・・
今は、観光地の近くに住んでいることもあり、平均月1のペースで道を尋ねられます。

先日、珍しく札幌駅付近で、外国人に道を聞かれました。
台湾人観光客だと思いますが、大丸への行き方を尋ねられました。
幸いまっすぐ行くだけだったので、私にもちゃんと説明できました。

以前は外国人に英語で話しかけられるとどぎまぎしたものですが、今回は落ち着いて道案内をすることができて、我ながら成長したなぁと思いました。
一番は年のせいだと思いますが、(おばちゃんパワーってすばらしい!)
ここ一年間子どもと一緒に英語に触れたり、外国人に英語を習ったりしたおかげで、いわゆる「外人アレルギー」が薄れてきたのかなと思います。

さてさて、日本で普通に生活していれば、どうしても「外人アレルギー」になるのは避けられないことだと思うのですが、自分の子どもには何とか「国際的」に育って欲しいと願っています。
そこで、しつけや家庭教育の一環として、自宅でできることを考えてみました。
先日図書館で借りた「子供に英語をしゃべらせたい」(松香洋子著)という本に『国際的な子供をどう育てるか』というくだりがあり、とても参考になったので、私の意見も交えつつ少しご紹介したいと思います。

子供に英語をしゃべらせたい―児童英語教育、私の方法 (ベストセラーシリーズ・ワニの本)子供に英語をしゃべらせたい―児童英語教育、私の方法 (ベストセラーシリーズ・ワニの本)
(1993/04)
松香 洋子

商品詳細を見る


①明るくあいさつができる子どもを育てよう!
国際的な子どもを育てる第一歩は、英語でも、日本語でも、元気に愛想よくあいさつができることです。ですから、
・目と目があったら、ニッコリする
・知らない人にでもあいさつができる
・肌の色や服装で差別をしないであいさつができる
・外人外人などといってさわぎたてない
・英語で友だちをつくろうと思ったら、まずはWhat’s your name?と聞く
・自分からあいさつするように努力する
・握手をする
こういったことを折にふれて実行させるのがよいそうです。
お家では、やはりお母さんがお手本を見せてあげるのが一番ですね。
謙虚な日本人女性には難しい項目もあると思いますが、「子どものため」にお母さんも自分の殻を破ってみてはいかがでしょうか?

②積極的な子どもを育てよう!
日本人は小学校5、6年生になると「ばからしい!」と思うことには参加しなくなるそうです。
何となく想像できますね。
しかし、特に外国の文化に触れた時、何にでも積極的に楽しんで参加するという精神はとっても大切です。
そのために望ましいのはこんなことです。
・何にでも積極的に参加して、まずは楽しんでみる
・相手のことをほめる。相手のことを批判しないで、ほめることを考える。
・話しかけられるのばかりを待たないで、自分のほうから話しかける
・なるべくたくさん話して、相手を楽しませる
・自分のほうから質問する。質問されたら、ていねいに答える
・ネガティブ(否定的)なことを言わないで、ポジティブ(肯定的)な発言をする

自分で書きながら、「純日本人」の私には耳の痛い項目も多いのですが、「積極的な態度」というのは、日本人から見ても気持ちのいいものですから、母も努力したいと思います。
もちろん、(特に日本では)感じのいい積極性には限度がありますので、その辺の加減は各自でお願いします

③日本以外の国や人々に関心を持たせよう!
これには、海外旅行を初めいろんな方法があると思いますが、現実的には日常生活の中で、折に触れて海外のことを話題にすることだと思います。
テレビや絵本などを活用すれば、日常的に海外の文化について教えることもできそうですね。
お母さんも勉強が必要でしょうが、そうしておけば、いつか海外に行った時に吸収できるものも変わってくると思います。

④自分を知り、相手を知ることを教えよう!
英語を勉強する目的は人それぞれだと思いますが、根底にあるのは「自分を知り、そして相手を知ること」ではないでしょうか?
まずは、「自分を知ること」から始めたいところです。
子どもが日本のこと、近所のこと、学校のこと、家族のこと、自分自身のことに興味を持ち、理解を深めていけるよう、普段からたくさん話合うことが大事ですね。
難しいとは思いますが、まずは自分が好きな物から、もっと大きくなったら日本の社会の仕組みや、歴史・文化について表現できるようになればいいなあと思います。
(その頃には、自分の手を離れていると思うので、何とも言えませんが・・・)


今日も長くなってしまいましたが、皆さんの子育てに何かヒントになればと思い書いてみました。
私もできる範囲で、子どもと共に「国際人」目指して頑張りたいと思います!
今日ご紹介した本には、他にも英語子育ての参考になる話がたくさん載っているので、またご紹介しますね★


スポンサーサイト



theme : 英語de子育て
genre : 育児

03 | 2010/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みしぇえる

Author:みしぇえる
札幌・桑園にて親子英語サークル主宰
親子で笑える英語子育てを提唱中
札幌生まれ・札幌育ちの日本人
ニックネームはミシェル

英語・幼児教育・子育てに興味のある方!
子育てしながら英語を勉強中のママ!
ぜひ当ブログを覗いてみてくださいね☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード